最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« HDVデータからProResデータに書き換えて編集 | トップページ | 高精細(高解像度)の映像で発表したい »

2009年7月30日 (木)

ArtMatic Pro 4.7でフラクタルによる動画を制作

Artmatic1フラクタルによる映像は主にArtMatic Proというソフトで制作しています。このソフト、フラクタルによる画像生成の技術を応用しています。様々な効果を生み出すプログラムをモジュールとし、これらを組み合わせることで複雑で面白い画像や動きを創り出していきます。具体的には、元になるモジュール(フラクタルプログラムで、様々な形や色を創作してくれます)やjpeg画像や動画に、フィルターとなるモジュールを重ねて映像を創り出していきます。とは言っても、まだすべてのモジュールの操作は把握できておらず、どのような結果が出てくるのかは偶然任せの試行錯誤です。Exploreとはよく言ったもので、まさに「探検・探求」の継続です。また、高精細(HDV1080i60)の映像を制作するためにとても時間がかかることも大きな障害になっています。PowerMacintosh G5(Dual CPU)を使っているのですが、3分の映像にまる2日かかってしまいます(新しいMacにするには資金不足で)。5月の個展前には2週間ぶっ続けで動かしてハードディスクが壊れてしまいました。
毎日(昼夜分たず)がArtMatic Proとの格闘ですが、9月の個展には多くの方が「美しい」「面白い」と納得してくださる作品を発表したいと思っています。

« HDVデータからProResデータに書き換えて編集 | トップページ | 高精細(高解像度)の映像で発表したい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ArtMatic Pro 4.7でフラクタルによる動画を制作:

« HDVデータからProResデータに書き換えて編集 | トップページ | 高精細(高解像度)の映像で発表したい »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01
  • Ihatov
  • Msg04