最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« ユグドラシル(フラクタルを使った映像作品4) | トップページ | 多くの方のご来場、ありがとうございました »

2009年8月29日 (土)

何年経っても変わらぬこと

Masatz9今回の個展には、液晶モニタの他に四つのブラウン管モニタを上下左右に組んだ作品も発表します(写真は1年前の第1回個展のときのもの)。このやり方は大学の卒業制作以来続けていること、つまり25年前から相も変わらずなのです。何年経っても変わらぬことを気恥ずかしく思う反面、結局自分の作風にあったプレゼンテーションの仕方と思えば、何年も追い求めてきた道と考えることもできるんですね。「相変わらずだなぁ」という言葉を、昔は「進歩のないやつ」と感じていたのに、今は褒め言葉のように嬉しく感じ、さらに突き詰めていきたいと思うようになりました。この展覧会でも「やっぱりビデオアートが似合うね」と言われるように、「四つのモニタ」で美しい映像を発表できたらと思います。

« ユグドラシル(フラクタルを使った映像作品4) | トップページ | 多くの方のご来場、ありがとうございました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何年経っても変わらぬこと:

« ユグドラシル(フラクタルを使った映像作品4) | トップページ | 多くの方のご来場、ありがとうございました »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01
  • Ihatov
  • Msg04