最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« ステンドグラスづくりを初体験 | トップページ | 大道具を搬入しました(高下正明個展) »

2010年9月13日 (月)

パネルづくり、砥の粉塗り(高下正明個展)

Tonoko「砥の粉」といってもよくわからない人の方が多いでしょうねぇ。私たちが中学生の時は、技術の授業(当時は男女別学でした)の木材加工の勉強で、仕上げ塗装の前に砥の粉塗りをしたものです。
今回の静止画の展示では、一般の額装のほかにパネル張りの展示も行います。このパネルは工務店に依頼してつくっていただいたもので、仕上げは自分たちの手で行いました。
ヤスリで磨いて、砥の粉でめどめをし、カシュー(人工漆)を塗って塗装の完了です。

Panel


« ステンドグラスづくりを初体験 | トップページ | 大道具を搬入しました(高下正明個展) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パネルづくり、砥の粉塗り(高下正明個展):

« ステンドグラスづくりを初体験 | トップページ | 大道具を搬入しました(高下正明個展) »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01
  • Ihatov
  • Msg04