最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« 個展はじまりました | トップページ | 個展のお礼状 »

2011年8月26日 (金)

フレスコジクレー(漆喰ペーパー)について

 今回の個展では静止画はすべてフレスコジクレーという用紙に印刷しました。
Fresco2

 この用紙については2月27日のブログでも触れたのですが、フレスコジクレーには「漆喰ペーパー」という名称がつけられており、そのとおり用紙の表面には生乾きの漆喰(消石灰)が塗られています。この生乾きの状態の漆喰がインクジェットのインクを吸い込み、深い色合いを発色します。にじみがでるのではないかと心配しましたがそれも問題はありませんでした。細かいところまでくっきりはっきりと高精細に出力します。
 また、フレスコジクレーは「フレスコ画」同様に印刷してから乾燥します。乾燥する際に消石灰は二酸化炭素と化合し炭酸カルシウムとして硬化し、インクを包含する耐久性の高い層となります。
 自分の作品にはぴったりの印刷用紙だと思いました。その発色の様子を写真では上手く伝えられなくて残念です。今後の作品発表の際にご覧いただければと思います。

 展覧会には開発に携わったトクヤマの方々もいらして印刷上の参考事項もたくさん教えていただきました。ありがとうございました。
 くわしくはこちら、株式会社トクヤマのサイトでご確認ください。

« 個展はじまりました | トップページ | 個展のお礼状 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレスコジクレー(漆喰ペーパー)について:

« 個展はじまりました | トップページ | 個展のお礼状 »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01
  • Ihatov
  • Msg04