最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« 個展のお礼状 | トップページ | 周南市の美術教員の展覧会(岐南会) »

2011年9月11日 (日)

次回作(ふるさと)のことなど

Furusato1
 個展では様々なご意見をいただきました。今回は特に自分の方向性を決める上で重要なご示唆がいくつもありました。そして「自分の作品制作は自分の原体験を探る旅のようなものだった」という結論に今更ながら気づいたのです。それにはフラクタルがつくる画像(映像)がぴったりだったのだな、と納得ができました。お陰様で自分の目標がはっきりしました。目標がはっきりしてくると、表現したいイメージを完成させるために様々な手法に貪欲にチャレンジするべきであるということにも目が開いてきました。
 そこで次回作は「ふるさと」。これまでできなかった「森」や「木立ち」のイメージを追求しようと思います。自分のアトリエには森のイメージが壁画として描いてあるのですが、いよいよ映像で表現することに取り組んでみようと思います。

« 個展のお礼状 | トップページ | 周南市の美術教員の展覧会(岐南会) »

コメント

MASA-TZさん、御挨拶頂きありがとう御座います。
 宜しくどうぞ。

  ところで、ココを御覧になりましたか、なかなか面白いですよ。

    
   ttp://www.hm.h555.net/~fcic-mugen-ucyu/

  御参考になると思います。

artist-miさん、ご紹介ありがとうございました。
早速拝見いたしました。
長らくフラクタル画像を制作されてらっしゃるようで、受賞歴もすばらしい方ですね。
無限や宇宙を感じさせる空間感がすごいと思いました。
自分の作品は平板なんだなぁと改めて実感しました(自分の好きな日本画や水墨画の影響でしょうか)。
大変参考なりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次回作(ふるさと)のことなど:

« 個展のお礼状 | トップページ | 周南市の美術教員の展覧会(岐南会) »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01
  • Ihatov
  • Msg04