最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« 西本智実さんのコンサートに行きました。 | トップページ | 「星ホテル」に行きました »

2011年12月11日 (日)

「萩黒」の器

Uekusa1
 陶芸家 植草達郎さん(草胆庵)の展覧会にお邪魔しました。

 目を引いたのは「萩黒」の器。

 黒い萩焼の器はこれまでにも見たことがありますが、これは今まで見た「黒」と風合いが違う!陶器がまるで鉄器のように思われるこの質感・存在感はすごいと思いました。私は陶土と金属が融合しているような印象を持ったのですが、他に見られた方はどうだったのでしょう。千利休の好んだ黒い茶碗はこのような色だったのではないかというお話を伺ったのですが、桃山時代の数寄者の世界ではさもありなんと思いました。

 どんな釉薬でどんな焼成をされているのだろうと作家さんにお話を伺ったのですが、陶土に使われている赤土と焼成時の灰とが関係しているとか・・・窯の温度管理や窯出しのタイミングによる発色の変動が大きくて、コントロールするのは大変難しいそうです。まるで「一か八か」のような制作過程を話される植草さんに、「萩黒」にかける心意気(挑戦心・冒険心)を感じました。本当に満足の行くものは幾多の失敗の果てに得られるものかも知れないと考えさせられました。

 この可能性にあふれた「萩黒」、植草さんがこの色を突き詰められて、存分に遊び心のある作品を制作されることを祈念します。

« 西本智実さんのコンサートに行きました。 | トップページ | 「星ホテル」に行きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「萩黒」の器:

« 西本智実さんのコンサートに行きました。 | トップページ | 「星ホテル」に行きました »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01
  • Ihatov
  • Msg04