最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« 「萩黒」の器 | トップページ | 広島交響楽団、侮るべからず »

2011年12月20日 (火)

「星ホテル」に行きました

Hoshihotel
 12月17日(土)、周南市若宮町のphGraphicsさんで行われた「星ホテル」に行きました。鉄オブジェ制作の大山さん、キャンドル制作の中本さん、ガラス器制作の伊藤さんら、クリエーターの方たちの作品展だったのですが、
 この展覧会では特に大山さんの作品、詩的で郷愁を誘うイメージに強く惹かれました(大山さんの作品の写真が無くてごめんなさい。作品についてははご本人のブログをご覧ください)。
 アンドレイ・タルコフスキーのSF映画「ストーカー」に出てくる、水に浸かった鉄の機械・・・映像を思い出しました。そうそう「ふるさと」に使いたいイメージなんですよね。丸テーブルの模様などは星雲を感じさせますが、あれは焼き付けなんでしょうか。お歯黒などを塗ったものなんでしょうか・・・。

« 「萩黒」の器 | トップページ | 広島交響楽団、侮るべからず »

コメント

先日は「星ホテル」にお越しいただきありがとうございました。
丸テーブルの天板、その静かな情景に思いを寄せていただけた事、
心から嬉しく思います。

科学的原理はお歯黒と同じ、酸化膜=黒錆を施す事で描くものです。

「惑星ソラリス」含め、”タルコフスキー”はとても好きです。


 大山さんの作品にタルコフスキーの「ノスタルジア」を感じたのも、たまたまというわけではなかったのですね。
 娘から、明日アトリエを開店されると聞きました。早速近日中にお邪魔したいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「星ホテル」に行きました:

« 「萩黒」の器 | トップページ | 広島交響楽団、侮るべからず »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01