最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« ラフォルジュルネ2013(ラムルー管楽団のボレロ) | トップページ | 鹿野アートフェスティバル2013に出品 »

2013年5月11日 (土)

ラフォルジュルネ2013(動物の謝肉祭)

Lfj136
写真は屋台村キオスクでの金管バンドの演奏

5月3日(金)は東京に着いた早々、竹澤恭子さんをはじめとする豪華メンバーによる、サン=サーンス作曲「動物の謝肉祭」を聴きました。ピアノの一人はチケットを購入する時点では未定だったのですが、なんと萩原麻未さんが登場しました。

この曲はプライヴェートなパーティのために作曲されたといいますが、まさにこの日の演奏はそのようなものであったろうなと思える、栄えあるソリストたちが揃った競演と言えるものでした。楽器それぞれの音色と奏法を生かした曲だけに、各演奏者の個性(表現力と演奏技能)を披露し合う(ぶつけ合う)、室内楽本来の愉しみにあふれたものでした。ソロとアンサンブルが絡み合うあたりはとてもスリリングで、演奏者も表情豊かに互いに目を合わせて合図を交わしながら演奏されていました。きっとサン=サーンスも他の演奏者とニヤニヤ笑いながらパーティで演奏していたのだろうなと思い浮かべてしまいました。

で、やはり生演奏はすごい、CDやテレビではわからないなぁと思ったのが臨場感。例えばかの有名な白鳥は2台のピアノで伴奏されますが、2台のピアノの音が反響板に響いて水面の波紋のように広がることです(二人のピアニストのちょっとしたテンポのズレがそう感じさせたのかも知れません)。音楽とは音場という空間を想定してつくられた芸術なのです!これは後に聴いたベルリオーズやデュカスやラヴェルの時も感じたことですが、CDでは聴き取れないくらいの小さな音やホールトーンによって音の空間が豊かに広がるように作曲家が工夫しているのです。なんで今まで気がつかなかったのだろう?

« ラフォルジュルネ2013(ラムルー管楽団のボレロ) | トップページ | 鹿野アートフェスティバル2013に出品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフォルジュルネ2013(動物の謝肉祭):

« ラフォルジュルネ2013(ラムルー管楽団のボレロ) | トップページ | 鹿野アートフェスティバル2013に出品 »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01
  • Ihatov
  • Msg04