最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« ゴクラクヘヴン、DMを制作、入稿しました | トップページ | ゴクラクヘヴンの原点(その1)宮島の夕焼け »

2015年1月26日 (月)

あらためて「フラクタル」

Fractalsample01

 私の制作する映像群は主にフラクタルの理論を用いて映像を創出するソフトウェア(ArtMatic Pro)を用いて制作しています。「フラクタル(fractal)」は、ラテン語で「砕けた」をさすfractusが語源と言われ、たくさんのレベルで反復する形やパターンのことです。パターンは必ずしも同一である必要はありませんが、ある特定の種類の自己相似構造(全体と部分が同じような形)を持っています。フラクタル構造は、雪片、木の枝、川、海岸線、血管など、自然のいたるところにあります。

 本展覧会では、自然の事物や現象をモチーフとしながら「ゴクラクヘヴン」をテーマにサイケデリックな形や色の変幻を創作し、それらを「回遊型映像庭園」のコンセプトのもと神原さんの制作された抽象絵画に映像を絡めて、照明を落とした周南市美術博物館内の空間壁面に大きく映し出します。また、一部作品は鑑賞者参加型として来場者の皆さんに制作に参加していただく予定です。

« ゴクラクヘヴン、DMを制作、入稿しました | トップページ | ゴクラクヘヴンの原点(その1)宮島の夕焼け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらためて「フラクタル」:

« ゴクラクヘヴン、DMを制作、入稿しました | トップページ | ゴクラクヘヴンの原点(その1)宮島の夕焼け »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01