最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

« ゴクラクヘヴンの原点(その1)宮島の夕焼け | トップページ | MAX6でジェネラティヴアート »

2015年1月29日 (木)

ジェネラティブアート

Generativeart

ジェネラティヴアートと呼ばれる分野、コンピュータ・プログラムを使いパソコンによる「自律的」で「予測不能」な映像を制作する、これが最近人気で色々なところで目にするようになりました。自分のやっているフラクタル映像も多分この分野に入ると思います。画像は自分の使っている「アートマチックプロ」の設定画面です。画面右側にプログラムに当たる「パッチ」 があります。このパッチの組み合わせとプロパティの変化で様々な映像が生み出されます。偶然にできる画像は自然の生み出す形や色に似て美しいと思います。
現在はパーティクルを使って生み出す映像が多いですね。「花燃ゆ」のオープニングでは、滴る墨、舞い散る花弁、怒涛の滝飛沫など、満載です。
自分の現在の目標は、プログラムを使って鑑賞者を表現に引き込むことです。ゴクラクヘヴンでひとつでも発表できればと思っています。

« ゴクラクヘヴンの原点(その1)宮島の夕焼け | トップページ | MAX6でジェネラティヴアート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェネラティブアート:

« ゴクラクヘヴンの原点(その1)宮島の夕焼け | トップページ | MAX6でジェネラティヴアート »

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01