最近のトラックバック

Aura

  • Aura023
    光背、または衣裳の図案です

By the Kaleidoscope

  • Ksksb111
    風景写真を加工しました

ManDaLa

  • Mandala023
    マンダラ風作品です

イラスト集

  • カルタ「ぬ」
    このアルバムには、イラストレーター(Adobe Illustrator)などのドロー系ソフトで描いたイラストを展示しています。

トリスタンとイゾルデ

  • 媚薬(2)
    2010年、秋の展覧会から。中世の物語「トリスタンとイゾルデ」の印象を絵柄に表現しました。

ニーベルングの指輪SR.1

  • ワルハラの炎上
    ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」に登場する人物やもの、場面の印象を表現しました。2007年から2008年にかけて制作した一連の作品集です。作品は主にKai's Power Toolsで制作しています。

ニーベルングの指輪SR.2

  • ラインの乙女たち
    このアルバムの作品群は2009年に発表したものです。フラクタルの理論を応用した描画ソフト ArtMatic Pro で制作しました。ここに掲げた作品はどれも動画として作成されており、その一場面を切り取ったもので、実際は画像が様々に変化していきます。

冨樂三十六景

  • Frac36kno20
    フラクタルによる画像集です
無料ブログはココログ

2011年5月29日 (日)

カーステレオを改装しました。ストリングスの音質に大満足

Cs1
 半年近く前に壊れたカーステレオ。CDを排出できなくなり、MDを使おうとしたのですが何年も前に録音したMDは読めなくなったものが続出。FMトランスミッタでiPodから音を送ってみたのですが音質がイマイチ。
 このゴールデンウィークに東京でブルックナーの生演を聴いてから、やっぱり良い音質で音楽を聴きたいと、カーステレオの改装を決心しました。イエローハットでプライスダウンしたKENWOODのDPX-U77を2万円弱で購入、早速古いカーステレオを外して新しいものをとりつけました。


Cs2
私が乗っている車は日産のノートで、DPX-U77を取り付けるには変換プラグが必要でした。

Cs3

DPX-U77は型が古いためiPodの接続が現行機種のようにできないという欠点が有りましたが、それでも音質には大変満足。ブルックナーの交響曲もとても気持ちよく聴くことができます。ストリングスがとても豊かに響くんです。

2010年9月10日 (金)

ステンドグラスづくりを初体験

Stainedglass去る8月17日、1日間の実技講座で、ステンドグラスづくりをはじめて体験しました。
周南市須々万にいらっしゃる方に講師をお願いして、指導していただいたのですが、ガラスを切るのも、ハンダでつなぐことも初めてということで、簡単な形をつくってみました。植物を飾れるような小鉢をイメージしたのですが、出来上がりに結構満足しています。

Stainedglass2
写真は別の方の作品です。型紙をつくってガラスの形を決めました。ガラスを切るには思い切りが大切ですね。このあと切り口を磨いて整形し、銅のテープを貼って、接合の準備をします。

Stainedglass4
写真は、また別の方の作品です。ハンダ付けは、フラックスをつければとても簡単にできますね。とにかくフラックスをたくさん使うので驚きました。ハンダをきれいに盛り上げることがなかなか難しかったです(熱を加えすぎてかえって凹んでしまいました)。

Stainedglass3
ガラスについた余分なフラックスや油分を洗剤で洗い流し、ハンダに腐食剤を塗って黒くし仕上げました。
次回は映像作品の一部に使えるパーツをつくってみたいです。
講師の先生ありがとうございました。

2010年4月18日 (日)

娘にプロデュースを依頼しました

Masaex3大学を卒業した次女がこの春から家に帰ってきました。今のところ無職なので、今回の展覧会の準備を手伝ってもらうことにしました。案内状の制作や展示場のレイアウト、静止画の額装など、どちらかというと私の提供する映像素材をプロデュースするという形です。ロゴや展覧会のテーマ名など、図の通りですがいかがでしょう。やはり51歳の私には思いつかないアイデアです(・・・思いついても使いきれない)。 特にphグラフィクス展示スペースの方はプレゼン(飾り付け)で若い女性の感性に期待しています。

2010年4月17日 (土)

今年もGWに個展を開きます

Ti64月ももう半ば。11月以来のブログ更新です。Mihoさんにはコメントをいただきながら「無しのつぶて」で、すみませんでした。5月の個展に向けて制作を続けていましたが、なかなかこれという確信的な話題もなく進んできました。 1月から4月の間にも「周南美術連盟展」や「しゅうなんアートナウ2010」、そして「山代和紙と作家たち2010」などの展覧会にそれぞれ出品してきました。これらのまとめとして今回の個展を開こうと考えています。

2009年8月12日 (水)

ProRes422にして処理速度が向上しました

Dm6個展の案内状ももう少しで完成、作品制作も方針を固めて着々と進行中です。前にお話ししたProRes422のことですが、Final Cut Proだけでなく、Motion上での処理も格段に早くなりました。今までのペースだと個展に間に合いそうもなかったので、これでひと安心。作品の質をあげられるように努力したいと思います。

2009年7月30日 (木)

Toastを使ってMacで高画質のブルーレイディスクを作成

Toast つい先日までMacで高画質映像のBlue-Rayディスクはつくれないものと思っていました。ところが、Toast 10でできると聞いて・・・インターネットで何度も調べてたのになんで今まで気がつかなかったんだ?・・・早速購入し試してみました。
 一緒にアイ・オー・データのBRD-UXP8も購入。
 またToast 10でBlue-Rayディスクをつくるためには、「High-Def/Blu-ray Disc」というプラグインが必要といういことで、こちらはダウンロード購入しました(Toast 10には10専用のHD/BDプラグインだそうです)。
 マニュアルに沿って作業を進めると・・・エンコードのビットレートも高めに設定して・・・あぁ、なんて簡単につくれるんだろう。今までかけた時間はナニ?
ちなみに、今ROXIOでは40%オフのキャンペーン中ですね(ちょっとショック)。
いよいよFinal Cut Studio 3もBlue-Rayディスク作成に対応したという話。こちらはIntel Mac対応だそうで、私のMacでは動作しません、ガックリ。次はBlue-Rayドライブ搭載のMac Pro登場か?

高精細(高解像度)の映像で発表したい

Fcp2高精細(高解像度)の映像で作品を発表したいと思いで悪戦苦闘を続けていますが、そもそもAppleTVを購入しFullHivisionの液晶テレビを購入して、その映像を見たときからのことなのです。最初はCG(静止画)だったのですが、細部まできちんと表現されることでその画像の存在感がケタ違いに強くなることに気がついたのです。それから映像もHDV1080i60でつくるようになりました(AppleTVで扱うためにはm4vに書き出します)。
当然のことながらデータ処理のために大変な時間がかかるようになりました。しかしそれ以上に問題になったのが最終的に記録する媒体。これまでのDVD(SD DVD)じゃもうダメダメ。4月から6月の間は、それでもSD DVDでなんとかならないかとああやったりこうやったりしましたが、結論は「Blue-Rayしかない」でした。でも、MacでBlue-Rayディスクがつくれるの・・・?

2009年7月29日 (水)

HDVデータからProResデータに書き換えて編集

Prores422私は、元映像の余分なところをトリムしたりいくつかの映像をつないだりする時にはFinal Cut Pro 6を、タイトルを入れたり特殊な加工を施したりするときにはMotion 2を使っています。前のブログでArtMatic Proの映像書き出しに時間がかかることを書きましたが、このデータを編集・加工し、再度書き出す時にも大変な時間がかかっていました(3分書き出すのにまる4日かかったこともあります)。これは多分、HDV1080i60形式のまま読込み・書出しを行っていたためだと思います。処理の早いデータ形式があるのではないかと解像度を落としたり、m4vやH.264等の形式を試したり、それこそ試行錯誤を毎日のように繰り返していました。ちなみにIntelCPUのMacBook Proも使ってみたのですが、大した改善はありませんでした。
そんな時、つい先日、appleの標準形式はProRes422だとインターネットで知り、早速HDV形式のファイルを、QuickTimeを使ってProRes422(HQ)形式に書き出してFinal Cut Proで扱ってみました(図)。するとどうでしょう、レンダリングするにも書き出すにも、とてもサクサク操作できるのです。なんてこったい。
発売されたばかりのFinal Cut Studio 3では、さらに多様なProResが扱えるようになったとききます。MacBook Proで試してみたいと思ってます。

2009年4月19日 (日)

個展の日程と場所が決まりました

Koten2第2回の個展の日程と場所が決まりました。
今年もゴールデンウィークの5月3日(日)〜6日(水)の4日間、場所は周南市の銀南街けやき通りの「ギャラリー紅雲」です。旧徳山の繁華街の真ん中です。地図などは後日掲載しますが、ギャラリーのサイトがあります、ご覧ください。
会期中は11:00から19:00まで開場し、受付としてつめている予定です。ぜひともご意見やご感想を聞かせていただければと思います。

2009年4月17日 (金)

Final Cut Pro Studio 2 を購入することに

ハードディスクがマウント不能になって反省することしきり。人には「バックアップの重要性」を説きながら、自分自身は大丈夫と思い込み、実践を怠ってきました。
Final Cut Pro Studio に含まれるMotion2 はMacOS10.5 上ではフォント関連でエラーが起こるので、マウント不能になったHDにMacOS10.4 をインストールして、ArtMatic Pro を使うときは10.5 で、Motion2 を使うときは10.4 でと起動し直しては使っていたんですね。その他にも、せっかく高画質で動画をつくってもDVD(SD DVD)では画質が悪くなり、少しでも良いものにならないかとiMovie やiDVD も08版と06版で何度もレンダリングし直したりと、HDにかなりの負担をかけていたのでしょう。
思い切ってFinal Cut Pro Studio もアップグレードすることに。5800円もかかるけど・・・。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Max01
  • Generativeart
  • Fractalsample01
  • Dm
  • Dm
  • Photo
  • Atsuomixmasat
  • Okadaxmasat
  • Tomitape02
  • Tomitape01